カテゴリ:Leica DII( 19 )

b0310465_01303531.jpg
意図的に

ピントを外すことは

合わせることより難しい。

ある女流写真家から

「ピントが合っている写真が良い写真とは限らない」

と、言われたことがあった。

とても深い意見だと思った。

写真の奥深さ

ですね。



b0310465_07333384.jpg
夜の街へ。

28mmで。

TRI-Xを詰めるとモチベーションが上がる。

そんな些細な幸せが心地よい。






b0310465_23112319.jpg
先日買ったレンズのモノクロが上がってきた。

Canon 28mm f2.8 LTM。

開放はふんわりした古いレンズっぽい描写。

さすがに2段絞るとグッとシャープさを増す。

まぁ当たり前のことですが。

28mmは以前エルマリートを使用していて

それ以外のレンズを探していて

フォクトレンダーのULTRON 28mm f1.9 ASPHと

Canon 28mm f3.5とこのレンズが候補だった。

描写的にはフォクトレンダーが好みだったが

コンパクトさを求め少し明るめのこのレンズに決定。

ズマリット、ヘクトールと50mmはクセ玉しか持ち合わせておらず

28mmは普通の描写でいいのかなと。

優秀すぎて少々物足りなさがありますが

使い込んで行きたいところです。

ではまた次回。




b0310465_20411881.jpg
海辺に車を停めて

流れる水滴越しに

海を見つめる。

そんな昼下がり。




b0310465_21465618.jpg
ストレス満載だったのでレンズを買った。

Lマウントの。

レンズテストの前の日にはカラーフィルムを

買う習性があるんだな。

明日も雨だな。

ではまた次回。



b0310465_20305045.jpg
ヘクトール&DIIを早速テイスティング。

サングラスかけてガラス越しの黒いマネキン。

いきなりなかなかの悪条件。

それなりに撮れたのでOKでしょう。

その後もピントは外すことなく

納得のいく仕上がりでした。

以前よりヘリコイドは若干重くなってますが

ヌルっとした感触が逆に好みかもしれません。

ではまた次回。



b0310465_18535149.jpg
後幕の故障で修理に出していたDIIを受け取りに

都内の某カメラ屋へ。

経年劣化でガタつくヘクトールも

ヘリコイドグリスを何種類も入れ替えて

試して頂き、少しは軽減した様子。

ヘクトールは明日届きます。

しばらくズマリットをDIIに付けて撮ってましたが

バルナックにはやはり沈胴のレンズがしっくりきますね。

ではまた次回。




b0310465_01310838.jpg
シャッター故障のためDIIは修理へ。

修理完了は6月中旬過ぎと思われる。

少々寂しいがM4ブラックペイントがある。

先週久しぶりにM4にヘクトールを装着したが

すごくかっこいい!

ニッケルとブラックペイントの相性は素晴らしい。

シンプルながらその気にさせてくれるコンビである。


b0310465_23095545.jpg
GWのモノクロが上がって来た。

しかし、どれも少し後ピン。

開放~f4.5を多用する者としては

納得がいかない。

M4とヘクトールの組み合わせではそんな事はなかったのに。

DIIで撮った写真を見ては常に気になっていた。

信頼のおける修理屋さんでDIIの距離計を調整してもらった。

いわゆるヘクトール専用DIIとなったわけである。

ズマリットで撮った時も少し後ピンだったような。

レンズの目盛は完全に無視して、二重像だけで撮る。

レンジファインダーなんだからそれでよい。


b0310465_00062852.jpg
昔考えていた写りのいいレンズ。

今ではそれとはほど遠いレンズばかり使っている。

そうやって好みが変わっていくのは当然のことだろう。

その場の空気感というか雰囲気というか

そういうものを封じ込めたい。

その目的を果たすべくレンズをチョイスしているのだと

今では思う。

好きなカメラで撮るのが一番幸せだと思う。