タグ:Leica M4 ( 49 ) タグの人気記事

b0310465_20342821.jpg
年度末。

いろんな事をリセットする日。

気持ちが一番スッキリする日かもしれない。

さて、撮りにいきますか!

ではまた次回。


[PR]
b0310465_21354089.jpg
雨の夜。

ヘクトール。

モノクロ。

やっぱりライカが好きなんだなぁ。

と、再確認。

ではまた次回。


[PR]
b0310465_19584345.jpg
先週末、ライカ使いが一堂に会した。

M3、M2、M4、M6。

長崎ランタンフェスティバル。

赤いランタンで街が彩られる中。

全員、モノクロフィルム。

誰一人カラーフィルムを1本も使わなかった。

そんなライカ使いの2DAYSだった。

ではまた次回。



[PR]
b0310465_23064749.jpg

その訃報は今朝起きて5分も経たない内に入った。

幼少の頃からお世話になっている親戚のお寺のおばあちゃん。

気持ちがスッキリしない時やいろんな節目には

必ずそこへ行って色々話をしてたなぁ。

そして帰りには必ず目の前に光が差していた。

そんな心の拠りどころだった人。

思い出すのは優しい笑顔ばかり。

通夜から帰ってきて

今、ものすごく悲しい。





[PR]
b0310465_21355056.jpg
ショーウィンドウをよく撮る。

ガラス職人と言われるぐらいほんとよく撮る。

窓ガラスの反射が楽しいのか

ディスプレイした人の何かをくみ取りたいのか

それこそ反射的に撮ることが多い。

好きなものを自由に撮る。

これほど幸せなことはない。

フィルムがいつまで製造されるのか不安はあるが

その日が来るまで幸せを味わいたい。

ではまた次回。



[PR]
b0310465_18515768.jpg
1月9日。

どんより曇り空。

一面すすきの某所へ。

この場所へは2回目だが、ヘクトールでのイメージは

すでに頭に浮かんでいた。

結果、手焼きしたくなるような素晴らしい写真が撮れた。


b0310465_18521223.jpg
Kodak D-76現像をお願いしてからというもの

自分のイメージとほぼ同じ画が得られている。

こうでなくっちゃ!

と今更ながら思うのである。

Hektor 5cmとLeica M4 Black Paint。

愛するコンビである。

ではまた次回。


[PR]
b0310465_15580125.jpg
12月30日。

人の少ない通りでの一枚。

ショーウィンドウに鎮座したそのコートは

どんな気持ちで外を眺めているのだろうか。

そんな気持ちで撮ったのを覚えている。

幾度となく通った道なのに

なぜかふと立ち止まった。

そんな気持ちにさせてくれるレンズなのかもしれない。

ではまた次回。



[PR]
b0310465_12435274.jpg
1月3日。

一人でふら~っと旧香港上海銀行長崎支店記念館へ。

窓から入る光が気になって行ってみた。

絞り開放、スローシャッターで撮りたかったのか

なぜかISO80のフィルムを装填した。

館内の暗さと窓の光をこのヘクトールは

どう映してくれるのか。

それは光を描くというPHOTOGRAPHY本来の

意味を持つレンズのように思えた。

ではまた次回。



[PR]
b0310465_17121370.jpg
フィルムで撮り始めて2年ちょっと。

初めてのD-76現像。

初めてのベタ焼き。

やはり紙焼きはいい。

今まではスキャンしてアップして終わりだったけど

紙焼きするとスキャンすることすら嫌になる。

現像もKodak D-76現像だから余計に・・・。

今までの現像とは別物だった。

それはスキャンしても違いがわかるほど。

またモノクロフィルムの深みにハマる。

ではまた次回。






[PR]
b0310465_21535871.jpg
今年から現像所を変えることにした。

Kodak TRI-X400を多く使う私としては

やはりD-76現像が望ましい。

今までの現像所はスーパープロドールで現像していたようで

TRI-X400の粒子を若干溶かしていたようです。

やはりTRI-X400はD-76で現像し

その粒子感を味わいたい。

そのネガが明日届きます。

同時にベタ焼きもお願いしてるのですごく楽しみ。

これから益々モノクロ撮影が楽しくなる。

その現像所は手焼きもやっているので

手焼きしたくなるような写真を撮りたい。

ではまた次回。


[PR]