タグ:Leica M6 ( 36 ) タグの人気記事

b0310465_00495447.jpg
最近、撮影枚数が極端に少ない。

人を撮らないというマイブーム。

Elmar 5cm f3.5の試写後にTRI-Xを入れ

現在撮影枚数15枚。

ハッキリ言って何を撮ったのかも覚えていない。

あんだけ人を撮っててなぜ急にこのマイブームが来たのだろう。

このペースで行くと月1本で大丈夫なのでは・・・。

それはないな。





b0310465_18584623.jpg
年末に買ったレンズ。

Carl Zeiss C Biogon 35mm f2.8。

EOS5Dmk2を使っていた頃はZeiss35mmと85mmを使っていた。

フィルムライカでは如何なものかと思い買ってみた。

デジタルで使うともっと良さがわかると思う。

コントラストは若干高いがボケは繊細でやさしい。

ライカの歴史とツァイスの歴史。

ツァイスに追いつこうとライカが奮闘した時代もあったり。

レンズの性能はツァイス、カメラの性能はライカとも言われてたり。

もう70年ぐらい前から優劣を競い合ってた。

「ライカのボディにツァイスのレンズが付けば最高」とライカファンも言ってたらしい。

それが出来るようになった現在。

僕らは幸せなのかも。

レンズには必ず「美味しいところ」があると思う。

このシチュエーション(光)でこの露出…みたいな。

C Biogon 35mm f2.8については把握できるまで撮っていない。

Zeissには欲しいレンズがもう1本ある。









b0310465_22021539.jpg
フィルムで撮るようになって

余計に写真が面白い。

そして思う。

「よく写るレンズ」と「写りがいいレンズ」は違う。



b0310465_02564428.jpg
週初めから風邪気味だったがやっと治ってきた。

試したいレンズがあるので週末は撮りに行きたい。

相変わらずレンズはSummaritの出番が多い。

好きな描写のほとんどがL-Mountのレンズ。

レンズも人間も普通より少々クセのあるほうが魅力的なのかも。






b0310465_22401955.jpg
一度撮ってみたかったフィルム。

FUJICOLOR PRO400H。

b0310465_22491785.jpg
落ち着いた発色で見たままに撮れると思う。

少々驚きで、いい意味で裏切られた。

b0310465_22401055.jpg
お値段もなかなか高いがカラーならこのフィルムがいいと思う。

小倉・博多のTRI-Xが今週末には上がってくる。

やはりフィルムはモノクロで撮りたい。




b0310465_23383740.jpg
Kodakのフィルム価格改訂が発表された。

いわゆる値上げ。

2月上旬から価格改訂。

少々お財布に厳しい状況に。

そう言えば、日曜・月曜に現像出せば

現像代半額というカメラ屋があった。

高速代使ってネガ取りに行くのもなぁ。

いっそ長崎市内に引っ越そうか。





b0310465_23194278.jpg
今日は成人式。

b0310465_23194315.jpg
街は振り袖だらけ。

b0310465_23194309.jpg
カラーフィルムを入れるべきだろうが

そんな気分ではなかったのでモノクロフィルム。

b0310465_23194357.jpg
知り合いの子が居たのでモノクロで申し訳ないが撮ってあげた。

その後は惰性。

b0310465_23264677.jpg
気分転換にM6のストラップを変えてみた。





b0310465_22003109.jpg
お正月休みもおしまい。

元旦から撮影の毎日。

b0310465_22002397.jpg
楽しい時間はあっという間に過ぎていく。

b0310465_22002746.jpg
明日から日常にもどる。

太陽をあまり見ることが出来なかった休日。

いい光が撮りたい。






b0310465_00331040.jpg
今日LeicaM8を手放した。

今年1月下旬に購入したLeicaM8。

夏前からフィルムライカに没頭し、ほとんど使わなくなった。

使わないものは持ってても仕方ない。

結局LeicaM4とLeicaM6とSummarit 5cm f1.5が

ベストパートナー。

今年1年ライカを猛スピードで駆け抜けたような気がする。

フィルムライカのレンズはLマウントが好み。

Mマウントもいろいろ試してみたがなんか違う。

Lマウントの当たり玉。

他のレンズに興味がなくなる。

シャッターチャンスもレンズとの出会いも

不意にやってくるものである。





b0310465_22302508.jpg
先週末は東京で撮影。

刺激的な街で刺激的な方々と。

モチベーションは上がるばかり。

今年を締めくくるお楽しみ会だった。

Thank you so much, HENTAI-SAN