カテゴリ:Leica M4( 82 )

b0310465_20335940.jpg
予想はしていたものの

仕事がめちゃくちゃ忙しい。

世間はGW直前。

いつもならモノクロフィルムを

大量に発注する時期。

しかし今年はそんな暇はなさそう。



2nd

b0310465_23411931.jpg
2ndと聞いてズミクロン、ズミルックスが

頭に浮かぶあなたはライカにかなりヤラれてます。

でもこの頃のライカが

一番好きなのも事実。




b0310465_01123820.jpg
過去6~7年の不要な写真を消去して

ハードディスクもスッキリ整理した。

振り返って写真を見てみると

なんでこんな写真を撮ったのだろうと

笑ってしまうものも多々あり

とても滑稽である。






b0310465_22421787.jpg
仕事がすごく忙しい。

たまには撮りに行きますかな。

久しぶりにモノクロフィルムで出かけよう。



b0310465_20083493.jpg
結局28mmのレンズを購入。

Zeiss C Biogon 35mm f2.8 ZMの中古を

某地図写真機で毎日のようにチェックしていたが

その日も中古はなく、ふとフォクトレンダーのページを見たら

珍しく

Voigtlander ULTRON 28mm F1.9 Aspherical」

の中古が

外観スレあり、各部点検、絞りリンググリス調整、ピント・解像度の調整済み。

解像度の調整??と思いながら悩むこと7分。

外観スレてて、中身が整備済み!
b0310465_20083747.jpg
M4 BlackPaintにもってこいではないか!

以前から気にはなっていたレンズ。

ディスコンでなかなか出てこないレンズ。

即買い。

ルックスもなかなかカッコイイ!

いい買い物でした。


by rusty365 | 2018-02-12 20:27 | Leica M4
b0310465_21223849.jpg
ライカを持つ男の指は

大抵セクシーに

見える。



b0310465_22254665.jpg
仕事が猛烈に入ってくる。

暇よりはいい。

4~8月は地獄のような日々だと思う。

そんな中、帰宅してからの楽しみは

レンズ選び。

ツノ付きの6枚玉がベストだが

数が少ない上に高い。

となるとフォクトレンダーかツァイス。

35mmか50mmか悩む。

レンズってのは買うまでが楽しいので

もう少し楽しもう。



b0310465_23392715.jpg
28ミリ、40ミリ、50ミリ。

現在ライカの焦点距離はこの3つ。

M4を使ってるのに35ミリがない。

もちろんズミクロン6枚玉ツノ付きを

欲しいけど。

やたら高い。

さてツァイスのBiogon 35mm f2は

ライカレンズのように絶妙な収差が残るのだろうか。



b0310465_01321002.jpg
今年はTri-xで撮り、D-76現像処理。

年末年始の4本が上がって来た。

久しぶりのD-76現像はTri-xの持ち味を

100%出していた。

もっと写真が撮りたい。

いい写真を撮りたい。



b0310465_22053126.jpg
雨とモノクローム。

そしてライカ。

クリスマス・イヴの夕暮れに

突然降り出した雨。

ヘクトール50mmだったら

と、妄想してしまう。

ライカと生活すると

そんなワクワク感が

特典で付いてくる。