b0310465_21223849.jpg
ライカを持つ男の指は

大抵セクシーに

見える。



b0310465_19522460.jpg
ライカ病の誰もが感染する

黒ライカ病。

クセ玉に走り

結局ズミクロン当たりに落ち着く。

わかっちゃいるけど

手を出すクセ玉。

自分が楽しく撮れれば

カメラ、レンズ、被写体は

なんでもいいと思う。

撮りたいカメラで撮りたいものを。

人の評価を気にしながら撮る写真なんか

自分の写真ではないと思う。


b0310465_22254665.jpg
仕事が猛烈に入ってくる。

暇よりはいい。

4~8月は地獄のような日々だと思う。

そんな中、帰宅してからの楽しみは

レンズ選び。

ツノ付きの6枚玉がベストだが

数が少ない上に高い。

となるとフォクトレンダーかツァイス。

35mmか50mmか悩む。

レンズってのは買うまでが楽しいので

もう少し楽しもう。



b0310465_21210522.jpg
ヘクトール50mm、Tri-x、D76現像。

しばらくお留守番だったヘクトール。

やっぱり描写は凄い。

ただ、なんでもかんでも撮れるレンズではない。

そう思う。



b0310465_23392715.jpg
28ミリ、40ミリ、50ミリ。

現在ライカの焦点距離はこの3つ。

M4を使ってるのに35ミリがない。

もちろんズミクロン6枚玉ツノ付きを

欲しいけど。

やたら高い。

さてツァイスのBiogon 35mm f2は

ライカレンズのように絶妙な収差が残るのだろうか。